真言掛板、寺号掛板、六角菱灯籠が奉納される

 7月27日、不動堂に真言掛板(かけいた)、山門に寺号掛板、そして本堂向拝(ごはい・こうはいとも言う)に六角菱灯籠が奉納されました。
 真言掛板はお不動さまのご真言を板に書いたものですが、毎月28日のお護摩に参列されている方々からの奉納です。

不動堂真言掛板

 また、山門前に掛けられた寺号板も同じ方々からの奉納によるものです。山門が一段と格調高い雰囲気になりました。

寺号掛板

 そして、本堂向拝に新しく吊(つ)り下(さ)げられた六角菱灯籠は匿名(とくめい)による寄付によるものです。お盆や夕刻等に本堂をお参りする時、外正面を明るく照らしてくれるものです。又、このデザインは総本山智積院の金堂回廊に吊られている灯籠を参考に作られたものです。

六角菱灯籠

 それぞれの品に奉納された方々の仏さまへの思いが込められております。ここに深甚(しんじん)なる感謝を申しあげ報告とさせていただきます。

合掌
2022年07月28日